いわもと歯科クリニック

 

HOME»  歯周病

歯周病

 

成人の3人に1人が歯周病に罹患していると言われています。
歯周病は初期?中等度の段階では、ほとんど症状が現れませんので、症状が出始めた頃はかなり進行した状態になっていることも少なくありません。(治療方法は「抜歯のみ」ということも・・・)
歯周病は虫歯と違い、数回の治療では完治せず、保険適応の範囲内での治療には限界があります。その為、治療後は3ヶ月に1度のメンテナンスが大変重要な役割を果たします。

 

正常な状態から重度歯周病までの違い

正常な状態

 

■正常

正常な状態

 

歯肉炎

 

■歯肉炎

歯肉にのみ炎症が生じたもので、歯根膜や骨(歯槽骨)までは破壊されていないもの。
歯肉は暗赤色で丸みを帯びて腫れ、歯磨きの時や固いものを食べたときに出血しやすくなります。正しいブラッシングと歯石除去で良くなります。

 

初期歯周病

 

■初期歯周病

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3まで消失したもの。
歯肉の炎症が進行すると歯と歯肉の付着器官が溶け、歯周ポケットができます。また、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶け始めます。

 

中等度歯周病

 

■中等度歯周病

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3~1/2程度まで消失したもの。
炎症がさらに悪化すると歯槽骨が溶けて歯根部が露出し、冷たいものや熱いものがしみたりすることもあります。歯石が歯周ポケットの奥にますます付着し歯肉が腫れ、膿が出てきます。口臭も徐々にひどくなり歯を支えている骨(歯槽骨)の吸収により歯がグラグラ動きます。

 

重度歯周病

 

■重度歯周病

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/2以上消失したもの。
歯槽骨がほとんど無くなり歯根が露出し、最後には抜けてしまいます。

 

治療方法

保険 自費
基本検査 基本検査
スケーリング・TBI スケーリング・TBI
精密検査 精密検査
SRP SRP
基本検査 精密検査 精密検査
メンテナンス フラップ手術 GBR(骨造成)
 
  基本検査 精密検査
 
  メンテナンス PMTC
   
メンテナンス