いわもと歯科クリニック

 

HOME»  医療費控除

医療費控除

 

医療費控除とは

本人又は本人と生計を共にする配偶者や、その他の親族の医療費を、年間10万円以上 支払った場合には、医療費控除が適用され、税金が還付又は軽減されます。

手続きは、給与所得者は源泉徴収票・印鑑・医療費メモ(領収書貼付)を持参して、税務署へ申告します。2/1より受け付けてくれます。確定申告者は、申告者の医療費控除の欄に記入します。

 

医療費控除の活用のしかた

1.医療費控除の対象となる範囲
医療費控除の対象となる医療費とは、以下の通りです。

■医師、歯科医師に支払った診療費又は治療費
■保険外の歯の治療費、保険治療の窓口負担などの一切
■人間ドッグに入って、重大な疾病が発見され、引き続き治療を要する場合は、人間ドッグの費用を含む
 (人間ドッグのみは対象になりません)
■治療、療養のための医薬品の購入費
■治療の為に、あんま・マッサージ・はり師・指圧師・きゅう師・柔道整復師に支払った施術費
■保健婦や看護師に療養上の世話を受けた費用
■病人の面倒を見る為に雇った付添い人などの費用
■通院の為の交通費、入院の部屋代や食事代の費用
■医療機器の購入や貸借料の費用
■義手・義足・松葉杖・補聴器・義歯などの購入の為の費用

2.医療費控除の対象外のもの
■カツラ・メガネなどの購入費
■マイカー通勤のガソリン代・駐車料
■美容整形や人間ドッグの費用

詳しくは、最寄の税務署にお尋ねください。
3.医療費控除の計算のしかた
医療費控除として控除を受けられる金額は、次のように計算します。
支払った医療費-保険金での補填金額-(合計所得金額×5%又は10万円のいずれか低い額)=医療費控除額

※医療費控除額が200万円を超える時は、200万円が上限です。

詳しくは、国税庁のホームページをご覧ください。